ネットで被害に合わない方法とは!?

カズヤングです。

本日もネット集客知恵袋をご覧頂き、ありがとうございます。

世間的にはお盆も落ち着き、仕事再開という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身はお墓参りを1日行ってあとは資格の勉強をしておりました。

次は「Webリスク管理士」という資格で

炎上や誹謗中傷の対策や法律

ネットの法律

SNSのリスクと正しい活用方法

などを勉強しております。

と言っても正直結構今までやっていることなので、今回は合格できそうな感じがします(^^♪

======================

今週のテーマ
【ネットで被害に合わない方法教えます。】

======================

今ネットは昔よりも普及しており、スマホやPCを持っている人がほとんどで、非常に良い環境でネットを利用、閲覧出来るようになりました。

そんな中で今回は 【誹謗中傷】 についてです。

誹謗中傷のコメントやメッセージを受けたことはありますか?

もちろん有るという方もいれば、無いという方もいるかと存じます。

今このご時世では良く

「炎上」

なんて言葉が使われます。

不適切な発言をやり玉にあげ、匿名で誹謗中傷などを行うことです。

もちろん、中には正当な意見もあり、一概に

炎上=悪いことや間違っていること

とも限りません。

中には

「炎上商法」

というものもあります。

意図的に、何かを攻撃するような発言や危険な発言意見を行い、注目を集めて知名度やアクセス数を稼ぐことが主なのです。

芸能人は特に多いですね。

芸能人はアクセス数で広告収入を得ることが出来ます。

例えば アメブロでNO.1は辻希美さんですが、ブログのアクセスだけでかなり稼いでいます。

契約内容は定かではありませんが、広告をクリックで○円、もしくは広告閲覧(アクセス数)で○円という契約かと思われます。

※予想では

1アクセス0.05-0.07円
1クリック2.3円

辻さんは月間1000万PVなのでブログ収入は70-100万

炎上すれば500万行くときもあります。

皮肉なことにアクセスが上がれば上がるほど収入が上がります。

逆手にとると

辻さんを攻撃している人は苦しめようとしていたり、傷つけたりして楽しんでいるのかも知れません。

しかしアクセスすればするほど辻さんは儲かります。

辻さんを攻撃する人
辻さんをかばう人
その行方を見る人

と軽く3倍以上になりますね。

しかしこれば芸能人の話です。

一般の場合はやはり炎上などには気を付けたいところです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誰でも誹謗中傷や炎上のリスクはあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その場合の対処法として

誹謗中傷の場合は

【ほぼ同じ人が行っている可能性が高い】
───────────────────

ということを覚えておいて下さい。

ある芸能人が100人くらいの名前で誹謗中傷が来た。

その際にIPアドレス(単純にパソコンや端末のの回線と思ってください。)を調べたところ

3人の人が、同じ端末で名前だけを変えて書き込みしていることが分かった。

ということがありました。

そして、もう一つ

今の時代は、たとえ匿名で書き込みをしたとしても

【ほぼ100%特定出来ます】
────────────

これは私たちが調べれる範囲と調べられない範囲がありますが、私たちの一般で調べれる範囲でも

・どこらへんに住んでいるか?

・どの端末を使っているか?
(プロバイダも含む)

・AとBは同一人物の可能性が高いか?

ということはわかります。

しかし、IPアドレスだけで個人情報を得ることはできません。

あくまで参考レベルまでです。

しかし、これが仮に事件性や、名誉棄損、侮辱罪など犯罪に当たる可能性が高い場合は

被害者が相談

警察に相談

IPアドレスを分析

プロバイダやサイト運営者に情報開示を求める

身元が判明する

となりほぼバレます。

なので最悪トラブルになった場合は警察に相談するのもアリです。

芸能人のスマイリーキクチさんの事件が有名ですね。

※スマイリーキクチ中傷被害事件

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%83%81%E4%B8%AD%E5%82%B7%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

2008年9月から2009年1月までにキクチに対する中傷犯19人が検挙された。

またコメントや直接メッセージで中傷が来た場合はとにかく

【無視】することが大切です。

絶対に返信してはいけません。

相手にすると余計に、気持ちも時間も削られます。

むかつくかも知れません。

しかし

【絶対に返信してはいけません】
───────────────

身近にそんな頻繁には無いかも知れないですが、一応ネットの予備知識として覚えておいて頂けたらと思います。

もし誹謗中傷や炎上なので何か相談がありましたら

kinmashinbun@gmail.com

までいつでもお気軽にご連絡くださいね(^^♪

以上です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。