『あなたは今どの位置!?購買のライフサイクルとは!?』

カズヤングです。

本日もネット集客知恵袋をご覧頂き、ありがとうございます。

トランプ大統領が就任しましたね。

良いも悪いも今までよりは過激なタイプで、とても良くなる可能性もあれば崩壊の可能性もある。

そんな印象です。

日本にとって少しでも良い方向に行けば良いですが…

======================

今週のテーマ
【あなたは今どの位置!?購買のライフサイクルとは!?】

======================

「購買ライフサイクル」とは、人があなたの会社や商品の存在を知って、実際に商品を購入するまでの流れと、そこからリピート客になり忠誠度の高いお客様になってくれるまでの流れを明確にした考え方です。

簡単に言えば、お客さんになり、リピーターになり売り上げになりなどをピラミッドのように表現した感じです。

その段階ですと

1.認知 あなたのビジネスを知ってもらう段階

2.興味 認知のお客を見込みに変える段階

3.検討 見込み客を教育する段階

4.購入 見込み客が既存客になる段階

5.維持 既存顧客がリピーターになる段階

6.応援 リピート顧客の評価を上げる段階

ネットで売り上げが上がらない場合、この6つのどれかに問題がある。

あなたはどの段階ですか?

1.認知 あなたのビジネスを知ってもらう段階

2.興味 認知のお客を見込みに変える段階

3.検討 見込み客を教育する段階

4.購入 見込み客が既存客になる段階

5.維持 既存顧客がリピーターになる段階

6.応援 リピート顧客の評価を上げる段階

では各項目の状況と対策を教えますね(^^♪

◎1.認知 あなたのビジネスを知ってもらう段階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この状態でつまづいている人が多分8割以上だと思います。

理由としては 1番ハードルが高いところです。

【原因】

・アクセス数が足りない
・読者が少ない
・SEO対策やSNS対策が出来ていない

など根本的にまずは【知られていない】ということです。

サービスの内容や料金などそういう次元の問題ではありません。

露出が少ないということに尽きます。

【対策】
アクセスアップの施策をする。
読者登録をする。
SEO対策を行う。
広告を出す。

◎2.興味 認知のお客を見込みに変える段階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここのところで躓いている人の原因としては

【原因】
1.ハードルが高い
2.ターゲットの求めているものとずれている
3.わかりにくい、もしくは同業で他に良いサービスがある

【対策】
1.無料のサービスを用意する
2.内容の幅を広げる、もしくは極端に絞る
※業種により変わります。
3.他社と自分を比較して自分のメリットや希少性をアピールする

◎3.検討 見込み客を教育する段階
━━━━━━━━━━━━━━━━

新規も集まり、見込みも集まってきたが、成約にならない

という状況です。

【原因】
サービスの内容が悪い
価格が高すぎる
自分の信頼度が無い
不安がぬぐえていない

ということが考えられます。

【対策】
メールマガジンやLINE@、その他SNSを使い顧客との接点を増やす。
そして有益な情報を継続して提供し続ける。

◎4.購入 見込み客が既存客になる段階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この段階まで来ているのであれば、ある程度成功のラインです。

【原因】
新規の数が少ない、もしくは既存のリピート率が少ない

【対策】
原因を追究し、新規が少ないのであればアクセス数やSEO対策など

1.認知 あなたのビジネスを知ってもらう段階 を強化する

リピータが少ないのであれば

2.興味 認知のお客を見込みに変える段階
3.検討 見込み客を教育する段階

の部分を改善する

◎5.維持 既存顧客がリピーターになる段階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リピーターも付く段階でとても良い状況です。

【原因】
新規の数を増やすもしくは時間効率を良くする

【対策】

1.認知 あなたのビジネスを知ってもらう段階

を外注に任せたり、過去の顧客にアプローチする

さらにリピート率の向上方法を考える

などここまで来れば次は時間配分を良くするために投資する段階です。

◎6.応援 リピート顧客の評価を上げる段階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リピーターの質を上げる段階ですね。

ここでは単価なども挙げられます。

ここまで来たお客さんはあなたの大ファンで事業も安定するでしょう。

【原因】
時間がかかりすぎる、もしくは単価が安い

【対策】
単価を上げる、顧客との接点を増やす

あなたは今どの段階ですか?

段階にあった方法を行うことが大事です。

シンプルに申し上げますと

┌──────────────┐

 1.⇒知ってもらう
 2.⇒集める
 3.⇒教育する
 4.⇒販売する
 5.⇒繰り返し購入してもらう
 6.⇒さらに高く購入してもらう

└──────────────┘

これだけです。

これを忠実に出来れば、ビジネスは成功します。

是非実践してみて下さいね(^^♪

以上です。

本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。